第30期は申込受付中です!
N大ツイッターNGO大学のツイッター  N大フェイスブックNGO大学のフェイスブック

2014年12月02日

【第3回講座報告2】セッション2村井さんが語るボランティア元年から20年の試行錯誤

11月15・16日の第3回講座報告です。
テーマは「ボランティア」
発題者にはNPO法人CODE海外災害援助市民センター理事、
被災地NGO協働センター代表の村井雅清さんをお招きしました。

まずは、2日目のセッション2は「先輩はどんなことを考えてきた?」で す。

朝の目覚ましも兼ねてワークショプからスタートしました。
P1070684.jpg

ワークの中身としては「20年を振り返る」です。
まず個人で20年以上前、1995年から10年間、2005年から10年間
と3つの時間軸について、個人的な出来事、文化的な出来事、
社会的な出来事とどのようなことが起こったのかを振り返ります。

振り返ったものを参加者全員で一枚の模造紙にまとめます。

するとたくさんの出来事が出てきました。
例えば文化的なことで言えばオリンピックなどは
4年おきなので思い出しやすいですね。

一番重要な社会的なことについても協力することで
たくさんの出来事が出てきて全体で共有することができました。

こうして、発題者の村井さんの話になります。
P1070685.jpg
村井さんは、いくつかの仕事をした後に靴づくりに携わります。
その後で阪神大震災を迎えることになります。

阪神大震災では多くのボランティアが自分たちで自発的に被災地に
集まり、現場で必要なこと、求められていることを感じ取り行動を
していきました。
当時ボランティアが初めての方が大半を占めたことも関係します。

震災以後の社会の流れとしては地方自治法の改正、特定非営利活動促進法
(NPO法)や介護保険法の制定などの動きがありました。

こうした時代背景も影響してか2000年代のボランティアは災害ボランティアに
おいても現場に行っても何か言われるまで待っている「指示待 ちボランティア」
が多くなったと言います。

こうした現状を見て村井さんは訴えます。「気持ちがあればボランティアをしに現場に
飛び込んでいってほしい。自由な意思で現地の人たちを思いやってほしい。」

こういった思いの中で、災害ボランティアとしてボランティアを連れ添って活動を
する際にも考えさせられることがあったと言います。
「9時に集合して、そこから土砂のかき出し等に行く際に一人だけ毎日のように
遅刻をする人がいた。その人を起こそうとしようか悩んだが、結局起こすことは
しなかった。後になってその人だって遅れたくて遅れている訳ではないこと、
遅れないように心がけて結果として 遅れてしまっていることがわかった。」

被災地の支援をする際にも「モノ」での支援だけではなく、それ以外のものにも
目を向け、寄り添って考えること、そして行動をすることの大切さを感じました。

セッション3の「これからどうする?ボランティア・市民活動のあり方を考える」
に続きます。

<第3回担当>
posted by 関西NGO大学 at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
タグクラウド
24期(2010〜2011) 25期 25期 テーマ 27期 28期 29期 30期 FAQ NGO NGO大学 第2回講座 発題者 TPP お問い合せ お弁当 ふりかえり ふりかえりシート イベント ウーリーシンキング エクアドル グループワーク サラヤ シンプル ジャーナリズム スロー ソーシャルビジネス チームトラ〜ナ ツイートを音で感じる テーマ ファシリテーター フォトランゲージ プレ企画 マイノリティ マスコミ ミーティング メディア メディアリテラシー ワンワールド ワークショップ 上映会 乱開発 予告 交流会 企画 佐久間智子 佐高信 加藤徹生 参加申込み 参加者 参加者の声 参加者募集 国際協力 国際理解 堀潤 報告 増山麗奈 大学 実施要項 小柳伸顕 感想 憲法 昼食 木頭村 松本哉 格差社会 歩み 民主主義 湯浅誠 準備 申込み 発題者 目覚ましワーク 祝の島 祝島 第1回 第1期 第25期 第2回 第2セッション 第25期 第2回 第3セッション 第26期 第27期 第2回 第2期 第3セッション 第3回 第3期 第4回 第4期 第5回 第6回 第3回 第4回 第6回 紛争の現場 纐纈あや 考えたこと 聞きどころ 自治 講座 講座の予告 講座の報告 講座予告 講座報告 谷口真由美 貧困・格差 貿易ゲーム 質問 辻信一 運営委員 運営委員会 酒井隆史 野中 野中章弘 釜ヶ崎 NGO NGO大学について