第30期は申込受付中です!
N大ツイッターNGO大学のツイッター  N大フェイスブックNGO大学のフェイスブック

2010年05月28日

第6回報告その1

遅くなりましたが、第23期NGO大学第6回の報告です。


セッション1「グループワーク発表」

12月の第4回にできたグループが、それぞれ行動を起こし、
その成果を共有しました。
今期もユニークで個性的なグループができました。
そのグループを簡単に紹介します。

1)WASSHOY(ワッショイ)
  国内の地域開発の事例を見て、海外の開発について考えたい。
  海外の問題だけでなく、国内の問題を考えたいと考えている。
P1020722s.jpg
2)森にかける虹
  本来は4人だが、二人は病に倒れた・・2人で発表してくれました。
  森にかかる虹チームを結成し、京北町の篁さんの奥さんの実家へ行ってきました。
  日本の森について考えました。

3)チームecoca!? (エコか!?)
  世の中にあふれているエコや環境に優しい商品が「ほんと?」、
  本当の「エコ」の意味を考えるともに、自分たちがどんな行動を
  とったらいいか(行動基準)を考えてみた。
  エコに振り回されない消費者になる為に、どんな行動をとるべきでしょう。
  参加者と一緒にランキングのワークショップを通して考えました。

4)パンクチーム
  空気を読まないパンクチームは「劇団コータ」を立ち上げ、
  その旗揚げ公演として「水道水を飲め!」を行いました。
  ちょっとパンクな行動を通して水問題を一般人にアピールするため、
  旗作りから白塗り⇒環状線に乗り、電車内でパフォーマンス、さらに京橋で
  アクション行動。その一連のアクションを映像にまとめ、上映しました。

5)チームアフリカP1020773s.jpg
  アフリカの抱える問題を考えた。特にダイアモンドに焦点を当てた。
  ダイヤが戦争つながり、子ども兵や難民を生み出しました。
  アフリカの紛争とダイアモンドの関係もあるが、レアメタル(希少金属)
  という資源を狙って、各国との関係が生まれている。日本もハイテク産業に
  レアメタルを必要としている。難民や子ども兵の存在に日本も関係している。

(つづく)


 

 
posted by 関西NGO大学 at 00:15| Comment(0) | 講座の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
タグクラウド
24期(2010〜2011) 25期 25期 テーマ 27期 28期 29期 30期 FAQ NGO NGO大学 第2回講座 発題者 TPP お問い合せ お弁当 ふりかえり ふりかえりシート イベント ウーリーシンキング エクアドル グループワーク サラヤ シンプル ジャーナリズム スロー ソーシャルビジネス チームトラ〜ナ ツイートを音で感じる テーマ ファシリテーター フォトランゲージ プレ企画 マイノリティ マスコミ ミーティング メディア メディアリテラシー ワンワールド ワークショップ 上映会 乱開発 予告 交流会 企画 佐久間智子 佐高信 加藤徹生 参加申込み 参加者 参加者の声 参加者募集 国際協力 国際理解 堀潤 報告 増山麗奈 大学 実施要項 小柳伸顕 感想 憲法 昼食 木頭村 松本哉 格差社会 歩み 民主主義 湯浅誠 準備 申込み 発題者 目覚ましワーク 祝の島 祝島 第1回 第1期 第25期 第2回 第2セッション 第25期 第2回 第3セッション 第26期 第27期 第2回 第2期 第3セッション 第3回 第3期 第4回 第4期 第5回 第6回 第3回 第4回 第6回 紛争の現場 纐纈あや 考えたこと 聞きどころ 自治 講座 講座の予告 講座の報告 講座予告 講座報告 谷口真由美 貧困・格差 貿易ゲーム 質問 辻信一 運営委員 運営委員会 酒井隆史 野中 野中章弘 釜ヶ崎 NGO NGO大学について